後遺障害等級認定

優和綜合法律事務所(東京都墨田区/江東区)|後遺障害等級認定

  1. 優和綜合法律事務所 >
  2. 交通事故に関する記事一覧 >
  3. 後遺障害等級認定

後遺障害等級認定

1後遺障害等級認定
「交通事故によって受傷した精神的・肉体的な傷害が、将来においても回復の見込めない状態となり、交通事故とその症状固定状態との間に相当因果関係が認められ、その存在が医学的に認められるもので、労働能力の喪失(低下)を伴うもので、その程度が自賠法施行令の等級に該当するもの」を後遺障害と言います。
このように、交通事故により受傷し、一定の治療の末残ってしまった症状(後遺症)のうち、上記の要件を満たしたものを後遺障害として等級認定し、傷害部分とは別に損害賠償請求の対象としています。もっとも、自賠責保険においては、等級が認定された「後遺障害」のみが賠償の対象となり、いくら症状が残っても、等級認定されない限り、賠償の対象とはなりません。後遺症が残っている場合、適正な賠償を受けるには適正な後遺障害等級認定が前提となります。

2症状固定
治療を続けても大幅な改善が見込めず、長いスパンでみると回復・増悪がなくなった段階を、医学的な意味の「症状固定」と言います。病院で投薬やリハビリを受けると少しよくなるけれど、少し経つとまた戻りという一進一退を繰り返す状態のことです。
症状固定後は、等級認定を受ければ「後遺障害部分」として、逸失利益や後遺障害慰謝料を請求できます。一方、「傷害部分(医師から症状固定の診断を受ける前の状態)」と同じように治療費や休業損害を請求することはできなくなります。つまり、症状固定とは、賠償上、「傷害部分」の終わりを意味しています。

3等級認定
後遺症の態様は被害者一人一人それぞれ異なります。しかし、すべての被害者の損害を個別に算出することは困難です。そのため後遺障害を16等級142項目の等級に分類し、迅速かつ公平な処理を試みています。等級が高ければ高いほどけがの程度が重く、もらえる賠償額は高くなります。
等級認定を受ける手続きとしては、①自賠責保険に直接請求する被害者請求、②任意保険会社が治療費一括払いの流れの中で行う事前認定という二通りの方法があります。

優和綜合法律事務所が提供する基礎知識

  • 多重債務

    多重債務

    多重債務とは、クレジットカード会社や消費者金融など、複数の貸金業者...

  • 遺産相続で起こるトラブル

    遺産相続で...

    遺産相続ではトラブルが起きやすいものです。では実際にどのようなトラ...

  • 交通事故

    交通事故

    現代社会において、交通事故トラブルはもっとも多いトラブルの一つです...

  • 遺産相続を弁護士に依頼するメリット

    遺産相続を...

    遺産相続は弁護士に相談する必要があるのでしょうか。ここでは、遺産相...

  • 離婚とお金

    離婚とお金

    1慰謝料 (1)慰謝料とは 慰謝料とは、結婚生活において、精神的な...

  • 交通事故の慰謝料

    交通事故の慰謝料

    慰謝料とは、被害者の精神的・肉体的な苦痛をお金に換算したものですが...

  • 離婚調停を弁護士に依頼するメリット

    離婚調停を...

    離婚調停では、話を聞いてもらい、中立な立場から調停委員に調節をして...

  • 小規模個人再生を申し立てる方々へ

    小規模個人...

    第1 小規模個人民事再生とは 安定した家計を営み、定められた弁済金...

  • 自己破産を申し立てる方々へ

    自己破産を...

    第1 自己破産とは 自己破産は、借金が多く、自分の収入だけでは返済...

優和綜合法律事務所の主な対応地域

東京都墨田区、江東区、江戸川区、葛飾区|千葉県

ページトップへ